後期研修

後期研修の3年間は小児科医としての基礎を確立する重要な時期であり、
初期研修終了後に臨床助手として後期研修を行います。

● 東海大学小児科での後期研修の特徴

1)後期研修では一般的な小児医療から高度医療まで経験します
・小児一般診療に関しては独力で診療できるようになります
・高度医療に関してはチームの一員として診療を実践できるようになります

2)後期研修は責任をもって付属病院を中心におこないます
・主に東海大学医学部付属病院(伊勢原)と付属八王子病院で行います
・伊勢原では高度専門医療とNICUの研修を行います
・八王子病院は大学病院でありながら地域密着型の病院で一般的な小児疾患を数多く経験できます 
・小児慢性疾患を中心に診療している付属大磯病院や、市中病院として一般小児科診療を行っている秦野赤十字病院も選択が可能です

3)後期研修の3年間終了時には小児科専門医を取得することが可能です

4)臨床研修/大学院コースの選択も可能
後期研修医として働きながら学位がとれるコースです
詳しくは大学院医学研究科ホームページまで

5)以下の専門分野では学会認定施設であり、小児科専門医取得後に各専門医修得に必要な研修が行えます
日本アレルギー学会
日本腎臓病学会
日本血液学会
日本小児循環器学会
日本周産期新生児学会
日本内分泌学会

6)国内、国外留学も可能
原則的には小児科医としての基礎をつくる後期研修終了後に大学院進学や留学をお勧めしますが、
タイミングによっては後期研修中に留学も可能です

● 施設ごとの具体的な後期研修内容

■ 東海大医学部付属病院(伊勢原):小児全般
研修期間:(12ヶ月~)18ヵ月
高度救急医療、アレルギー、呼吸器、腎臓、神経、循環器、血液・腫瘍、内分泌疾患など

■ 東海大医学部付属八王子病院
研修期間: 12か月
一般小児科、小児救急

■ 東海大医学部付属病院(伊勢原):NICU/GCU  
研修期間: 6か月
低出生体重児の管理、新生児救急、正常新生児の健診

■ 東海大医学部付属大磯病院  
研修期間: 6か月
一般小児科、膠原病、神経疾患

東海大学小児科

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
東海大学医学部専門診療学系小児科学

TEL:0463-93-1121(代表)
FAX:0463-94-3426

  • 小児外来診療マニュアル
  • 研修カリキュラムの新ビジョン