診療内容と対象疾患

●内分泌

 小児内分泌グループでは、子ども達の発達・発育をみながら、特にホルモンの病気を中心に診療を行っているグループです。「ホルモン」と聞くと難しそうと思われますが、具体的には低身長、甲状腺疾患、第二次性徴(思春期)、糖尿病などといった病気の診療をおこなっています。子ども達の健やかな発達・発育を見守っていくには、保護者の方々が病気を正しく理解することから始まると考えています。ホルモンの病気を理解するには多少時間がかかりますが、外来ではゆっくりと時間をかけ病気のご説明をし、またご理解して頂けるように日頃から心がけています。「小柄だけど病院を受診した方がよいのか?どの診療科を受診したらよいのか?」、「二次性徴が早く来てびっくりした」などは、小児内分泌外来の受診をお勧めいたします。

東海大学小児科

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
東海大学医学部専門診療学系小児科学

TEL:0463-93-1121(代表)
FAX:0463-94-3426

  • 小児外来診療マニュアル
  • 研修カリキュラムの新ビジョン