診療内容と対象疾患

 東海大学医学部付属病院は、神奈川県ドクターヘリ運用機関である高度救命救急センターおよび総合周産期センターを有し、神奈川県湘南から県西地域での急性期医療における中核的医療機関としての役割を担っています。当院小児科では子どもたちによく見られる急性疾患から高い専門性が要求される慢性疾患に至るまで、小児に関連した疾病に幅広く対応しています。
 小児科入院診療においては、ICU管理を要する小児重症患者数が多く、高度医療の提供に日々努めています。また常に最先端の知識・技術を追求して最善の医療に取り組むとともに、患者さんの不安をより早く取り除き、精神面も含めた質の高い医療を提供すべく心がけています。また、幅広い専門性を有し、各専門医が質の高い医療を提供できるよう、日々診療にあたっています。
 小児科で対応すべき疾患は数多いため、院内の他科との円滑な診療ができる体制を維持し、また、地域医療にあたっても、神奈川県西部の1次、2次医療機関との細やかな連携に努めています。

主な対象疾患

●アレルギー疾患

喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど

●呼吸器疾患

赤ちゃんのぜーぜー、長引く咳、反復性下気道感染症、胸部異常陰影など

●新生児・周産期医療

早産児、低出生体重児、新生児疾患一般 また、消化管閉鎖をはじめとする外科疾患に対しては、当院小児外科医と連携し治療に従事しております。なお、先天性心疾患に関しては、当院にて手術困難のため他院へご紹介させて頂いております。

●血液・悪性腫瘍

白血病、リンパ腫、再生不良性貧血、貧血、血友病、固形腫瘍など

●循環器疾患

先天性心疾患、川崎病、不整脈など

●腎・尿路疾患

腎炎、ネフローゼ症候群、学校検尿での尿異常、水腎症などの先天性腎尿路奇形、慢性腎不全、電解質異常、尿細管機能異常症、高血圧

●神経疾患

発達障害、けいれんなど

●内分泌疾患

種々の成長障害(低身長症、成長ホルモン分泌不全性低身長、SGA性低身長症、ターナー症候群など)、甲状腺疾患(先天性甲状腺機能低下症、バセドウ病、橋本病など)、副腎疾患(先天性副腎過形成、アジソン病など)、性腺疾患(思春期早発症、思春期遅発症、外性器異常など)、染色体異常症(ターナー症候群、クラインフェルター症候群など)、先天性代謝異常症、糖尿病、小児生活習慣病、造血細胞移植後の晩期合併症など。

●膠原病

若年性特発性関節炎(JIA)、全身性エリテマトーデス(SLE)、混合性結合組織病(MCTD)など

東海大学小児科

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
東海大学医学部専門診療学系小児科学

TEL:0463-93-1121(代表)
FAX:0463-94-3426

  • 小児外来診療マニュアル
  • 研修カリキュラムの新ビジョン