診療科長のご挨拶

求められる小児医療をめざして

◆3次医療の小児科として

 東海大学病院小児科では、よく見られる急性疾患から、高い専門性が要求される慢性・難治性疾患、救急疾患に至るまで、小児の疾病に幅広く対応しています。病院内の他科との円滑な診療を維持し、地域医療にあたっても、神奈川県西部地区の1次、2次医療機関と密な連携に努めています。小児救急では、厚生労働省の認可を受けた高度救命救急センターが医学部付属病院にあるため、小児の3次救急対応施設として豊富な経験を生かし、最先端の救急医療を提供しています。

◆総合診療の臨床科として

 神奈川県西部随一の小児医療施設として、高度な医療技術、設備を基盤に、専門家による充実した専門外来を運営しています。10の疾患別の臨床班(救急医療、周産期医療、血液・悪性腫瘍、循環器、腎尿路、神経、内分泌・代謝、呼吸器、アレルギー・免疫、膠原病)にそれぞれの専門のスタッフを配置しています。周産期医療においては、総合周産期母子医療センターの指定を受けており、疾患を有する新生児や未熟児に対する医療の中心的施設として活動しています。

◆“Total Life Care, Tokai”は私たちのテーマです

 私たち小児科医には、現状の疾患を治癒させるだけでなく、子どもの生涯を考えた最善の治療計画を立てる責任があります。 東海大学病院小児科では、受診された時点から、小児科医の視点と診療技術を基盤として 、生涯に渡る健康を見据え、極・長期間の治療計画を進めていきます。最新の診療技術に、未来を見据えた治療計画を重ねていくことが“Total Life Care, Tokai”の真髄です。
 小児科医が足りないことが社会的な問題になったのはそれほど前のことではありません。まだまだ解決できる問題ではありませんが、東海大学病院小児科には常に若い医師たちが集い、経験豊かなスタッフたちと、より良い医療を目指して、患者さんひとりひとりと向かい合っています。小児科医の使命を忘れることなく、患者さんとの信頼関係を軸に、これからも大学病院として堅実で高度な医療を提供いたします。

Total Life Care, Tokai We look into the future of child health

東海大学小児科

〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
東海大学医学部専門診療学系小児科学

TEL:0463-93-1121(代表)
FAX:0463-94-3426

  • 小児外来診療マニュアル
  • 研修カリキュラムの新ビジョン